店舗家具

家具用語を知る

家具イメージ 飲食店のような店舗向けの家具は、イスやテーブル、ソファーのように大きな種類に分けて考えるだけではいけません。
店舗家具は実に多くの種類があります。 イスひとつとっても、座椅子・子供用椅子・スツール・ローバック・1本脚などとても多くの種類のイスが販売されています。
・こんな感じの椅子が欲しい
・あんな感じの机が欲しい
家具用語を知っているだけで、カタログやお店でも探しやすくなります。 一度にたくさんの量が必要となるので、実際に店舗へ行って家具を選ぶことが難しい店舗用の家具。 正式な名称で検索することで、欲しい家具にすぐにたどり着けますよ。
そこでこのサイトでは、店舗家具を探すにあたり必要となるであろう用語の解説をしたいと思います。
あなたの店舗にピッタリの家具探しに、少しでも役立てていただけたら幸いです。

貸店舗・居抜き物件が豊富!
株式会社テナントライフ
〒464-0057 名古屋市千種区法王町2-5
TEL:052-753-2103

CONTENTS

  • スタイル

    スタイル

    家具を決めるのであればまず、どんなスタイルのお店にしたいかを決めましょう。 目指すスタイルによって、合う家具・合わない家具があります。 居酒屋なら、馴染みやすい和風なイメージにしてみようなど、自分の目指すスタイルを決めることで家具選びの幅が広がります。

  • イス

    イス

    一言に「イス」と言っても様々な種類があります。 飲食店であればスタイルに合ったテイストはもちろんですが、長時間座っても疲れにくいなど、機能性にも着目してみると良いでしょう。 子ども用のイスも様々なので、座らせやすい・片付けやすいなど利点を考慮しましょう。

  • テーブル

    テーブル

    大きく分けて丸いテーブルと四角いテーブルがあります。 四角いテーブルの場合では角があるので、なるべく危なくないものを選びましょう。 椅子と合った高さのテーブルを選ぶ必要があります。 また、足のついている位置一つで、全体の雰囲気が変わってきます。

  • パーツ・素材

    パーツ・素材

    家具選びの中でも、大きさに次いで重要と思われるのが素材です。 選んだ素材によって耐久性も異なってきます。 屋内に向いているもの、屋外に向いているものなど様々な素材があります。 長く大事に使っていきたい、そんな家具だからこそしっかりと素材まで選び抜きましょう。